調剤薬局事務の仕事内容 - 調剤薬局事務・医療事務として働きたい

調剤薬局事務・医療事務として働きたい

調剤薬局事務の仕事内容

医薬分離の制作により、調剤薬局の数が増えています。
そしてその調剤薬局にて主に事務的な仕事を担うのが、調剤薬局事務になります。
専用の資格もあり、就職や転職に有利に働くと考えて、取得を考えている方も多いのではないでしょうか。
今後調剤薬局事務の仕事に付こうと考えているのなら、その仕事内容までしっかりと調べた上で資格取得や就職活動をすることをおすすめします。

調剤薬局事務の仕事を1日の流れに沿って紹介していきます。
朝はお客様を迎え入れる準備を行うため、掃除や待合室の整理整頓などを行うのが主な仕事になります。
調剤薬局にはウォーターサーバーが設置してあるところが多いのですが、お水やコップが不足していれば補充しておきます。
薬局がオープンしてお客様が来店されたら、処方箋の受付、会計、さらにはレセプトといった業務が出てきます。
また近頃はお薬手帳をチェックして薬の服用歴を調べた上で薬を処方することが多いため、お薬手帳をお客様からうけとったり、必要に応じてお薬手帳を発行することもあります。

お客様の入り具合によって、混雑度も変わってきます。
調剤薬局は大きな病院やクリニックのすぐ近くに併設されているケースがほとんどなのですが、風邪やインフルエンザが蔓延する時期や、午前中は特に病院やクリニックも混み合いますので、その後薬を処方してもらいにくるお客様の数も増えると予想されます。
午後は薬局も比較的すいてきますので、残っている残務などを行いながらお客様の対応をしてきます。
薬局がしまる時間になったら、清掃や片付けの準備をして会計の閉め業務を行ってから業務終了となります。

top